UMAX SuperMac S900

コードネーム/ ?
製造 1994年〜1995年
モニタ別
最大メモリ1040MB(168pin DIMM x 8)
CPU / Power PC 604e 250MHz
HDD / 2GB Fast SCSI
ドライブ / FD x1 CDx1
外部ポート / 外部モニタx1、ADBポートx2、モデムポートx1、プリンタポートx1、SCSIポートx1、Ethernetポートx1
 外部ステレオスピーカージャックx1、ステレオマイクロフォンジャックx1
搭載OS / 漢字Talk 7.5.5

只のUMAXに非ず

メーカーは台湾UMAX社なのですが、この個体はRadius Supermacと表記されています。 元箱にも「Powerd by Radius」とあり、これは2Dアクセラレーター機能を持ったRadius ThnderPower 30/1920というビデオカードが搭載されている事からに他なりません。
Appleが互換機を承認して、この1994年から3年間、 akia・Motorora・UMAX・DayStar Digital・PowerComputing、そしてPIONEERの6社から、ユニークな筐体デザインのMac互換機が発売されていました。
しかし1997年、Appleに復帰したSteve Jobsの方針により、Mac OSのライセンス停止・互換機メーカーの撤退という事になってしまいます。
そうした互換機の中でも、この筐体はHDDの増設や拡張カード等のアップグレードがしやすいので、かつてはベアボーンキットとしてMac専門店の店頭に並んでいたりしていました。 私もCPUのG3化やHDDの強化をしていましたが、今はドンガラとして保存状態にあります。

 ●Photo

UMAX S900-01

UMAX S900-02